スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパインって何?


ロッキー店長:ひとことで言うと矢のたわみ具合かな。
アルバイトM:えー、たわむんですか?
ロッキー店長:シャフトの材質、外径、肉厚とかにもよるけど
       たわみ量の小さい矢→スパインが堅い
       たわみ量の大きい矢→スパインが柔らかい
つづく
スポンサーサイト

矢取りのルール


矢取りのルール

①全員の点数を数え終わるまで矢には触らない。
②的中孔チェックをする。
③必ず後ろに人がいないか確認してから矢を抜く。


的中孔チェックって?

アルバイトM:店長、的中孔チェックって何ですかあ?
ロッキー店長:的面に刺さった矢のチェックだよ。
M:えー、何でそんな面倒なことするんですか?
R:せっかく当たったのに矢が落ちてしまうと点数が分からないでしょ。
  あらかじめ今まで打った矢にチェックがあれば
  チェックのない孔が落ちてしまった矢の点数だよ。
M:あっそうか。
R:チェックは孔から少しでも離れた場所だと意味ないからね。
  あとMでも的紙上であれば全部チェックしてね。

オールカーボンかアルミコアか、それが問題だ



R:カーボン矢にも2種類あって、オールカーボンかアルミコア+カーボン。
M:どっちがいいんですか?
R:一概には言えないなあ、精度も変わらなくなってきたし。
  オールカーボンだと壊れた時にバラバラになるから、初心者には分かりやすいよね。
  アルミコアは値段に幅がある。樽型の矢を作ることもできる。
M:じゃやっぱりX-10にします!?
R:???????

アルミ矢とカーボン矢



M:そもそもアルミ矢とカーボン矢はどう違うんですか?
R:最初はアルミ矢しかなかったんだよね。
  だから迷信のように初心者はアルミ矢っていう人がいるんだよ。
  カーボン矢は細くて硬いしね、軽くて耐久性もある。
  短距離から長距離までサイトが稼げるよ。
M:インドアだとアルミ矢の人も多いですよね。
R:18mくらいならアルミ矢で狙えるし、太いから点数も稼げる。(笑)
  カーボン矢でもファットボーイとか太目の矢もあるよ。

                                     つづく・・・

カーボン矢はまだ早い?

アルバイトM:そろそろ自分の矢が欲しいんですけど
       やっぱ初めはアルミ矢を作った方がいいですよね。
ロッキー店長:どうして?
M:みんなそう言うんですけど、違うんですか?
R:昔はカーボン矢は高かったから、最初はアルミ矢で練習したんだよ。
  アルミ矢は安価で曲がりにくいけど、太くて重いから長距離は無理だよ。
  今は安くて性能のいいカーボン矢もいっぱいあるからね。
  初心者の練習用でも、射場の備品としても最適だと思うよ。
もちろん試合で充分使えるからね。

なんて会話が・・・      つづく
プロフィール

ロッキー

Author:ロッキー
zero-craft archeryの店長、パピヨンのロッキーです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。